ピーリングの効果とは?治療法や使用薬剤の特徴、副作用についても詳しく解説

ピーリング

ピーリングとは薬剤で皮膚の表面にある余分な角質を除去し、肌の生まれ変わりを促して肌悩みを改善する施術法です。

エミシアクリニックでは3つのピーリング剤を扱っています。
治療目的や肌の質感に合わせて薬剤を選ぶことで、肌環境を健やかに整えます。

ピーリングとは?

ピーリングの効果

ピーリングとは肌に薬剤を直接塗り、表面の角質層が化学反応により皮剥けを起こすことで、古い角質や肌表面の汚れを除去する治療です。

肌の最下層の「基底層」で生まれた新しい細胞が最上層の「角質層」へと上り、古い角質細胞と入れ替わるターンオーバーを正常に整えます。
皮膚表面の古い角質や毛穴に詰まった汚れを取り除き、新しい皮膚の生成を活性化させてさざまな肌トラブルに効果的です。

こんなお悩みを抱えている方に向いています

ピーリング治療に向いている方

  • ニキビやニキビ跡
  • クレーター
  • 毛穴の開きや毛穴詰まり
  • 黒ずみによるイチゴ鼻
  • 皮膚のシワや小ジワ

定期的なピーリングで肌の新陳代謝を促し、皮膚のキメを整えて化粧ノリを良くします。

エミシアクリニックのピーリング【成分と効果を紹介】

エミシアクリニックでは、ピーリングで使用する薬剤を2種類ご用意しています。

  • ミラノピール
  • PQAge

薬剤の種類によって成分は異なり、治療目的に合わせて選択することが可能です。

ミラノピール

ミラノピール

当院のミラノピールは高い濃度で効果を実感しやすく、肌の赤みや炎症を抑えた治療が可能です。

項目 治療の詳細
ピーリングの種類 マッサージピール
効果 ・小ジワやたるみを防ぎハリ感を高める
・美白効果
・ニキビの予防
・くすみの改善
・毛穴や乾燥のケア
美容成分 成分 効果
TCA35%(トリクロロ酢酸) ・真皮を刺激し、ターンオーバーを活性化する
・コラーゲンの生成を促す
グリシン、プロリン、ヒドロキシプロリン、ビタミンC ・コラーゲン産生を活性化
・セラミドを増加させ、肌の弾力感を高める
GABA、アルギニン、リボフラビン ・シワを防ぐ
・成長因子の生成を促し、ハリやツヤのある肌にする
TCA、ラクトビオン酸、サリチル酸、タルトル酸、クエン酸 ・角質を剥がして毛穴を清潔にする
・拡大した毛穴を再生して収縮する
スクワラン、ミリステイン酸イソピロピル ・キメを整え、毛穴を目立たなくする
・ニキビや湿疹の予防
施術期間 2週間おき
効果回数 5回目以降※個人差あり
施術時の痛み ヒリヒリ感、灼熱感

表皮に溜まった角質を剥がし、ニキビや毛穴詰まりも改善します。

ピーリングは化学薬品を皮膚に塗布して制御された破壊を引き起こし、肌を再生することでにきびや色素沈着、光老化の治療に効果的です。
引用(日本語訳)
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33141276/

PQAge

PQAge

PQAgeは2種類の成長因子でコラーゲンやエラスチンなどを促進し、リフトアップや美白に効果的です。

項目 治療の詳細
ピーリングの種類 PQAge
効果 ・リフトアップ
・くすみや肌質を改善
・美白効果
・ハリや弾力性、ツヤ感を高める
美容成分 成分 効果
MCA(モノクロロ酢酸) ・コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の再合成
・肌のハリ感を回復
グラインコンプレックス ・筋肉の収縮を抑える
・シワの改善やリフトアップ効果
リポソーム化EGF(上皮成長因子) ・表皮の生まれ変わり(ターンオーバー)の活性化
・シミやくすみを改善
リポソーム化IGF(インスリン様成長因子) ・コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を促す
・たるみやシワの予防や解消を促す
コウジ酸 ・抗酸化作用(※)
・美白効果やくすみの改善
マンデル酸 ・抗酸化作用(※)
・古い角質を剥がす
コエンザイムQ10 ・抗酸化作用(※)
・ハリやツヤ、キメの改善効果
施術期間 2週間おき
施術時間 30分/回
効果回数 5回目以降※個人差あり
施術時の痛み ヒリヒリ感、灼熱感

※抗酸化作用…酸素と結合すること(酸化)によって起こる皮膚の老化から守る作用

PQAgeは真皮層まで美容成分を浸透し、有効成分を肌の内側に届けて治療します。

施術の流れ

ピーリング治療の流れ

①カウンセリング
②洗顔で肌を清潔な状態にする
③施術開始(薬剤を塗布)
④薬剤のふき取り
⑤アフターケアのご説明(医師によるアフターサポートあり)

肌状態や肌悩みを聞き取り、お客様に適した治療法と施術アドバイスをいたします。

ピーリングの副作用と注意事項

施術後に灼熱感やヒリヒリ感、赤みなどを生じる場合がありますが症状は1~2日で治まります。

ピーリングは副作用や痛みを感じにくい場合が多いです。
個人差はありますが、肌の異常を生じた際はクリニックへご相談ください。

また施術3日前後のかみそりの使用や、前後1週間のピーリング作用のある化粧品や洗顔などの使用は控えることを推奨します。
施術後1週間は肌がデリケートな状態のため、必ず紫外線対策を行ってください。

ピーリングの施術ができない方

  • 過去ケミカルピーリングを受けてトラブルのあった方
  • 前日に顔剃りやひげ剃り、ご自身でピーリングを行った方
  • 過度の敏感肌や乾燥肌の方
  • 日焼けをした方(1週間以内)
  • 痛覚障害や神経麻痺、扁平疣贅がある方
  • 妊娠している方
  • 2ヶ月以内に顔の手術や放射線治療を受けられた方
  • アトピー性皮膚炎やかぶれなどの湿疹がある方
  • ウイルス感染症の発疹がある方(ヘルペスなど)

万が一に備え、上記に当てはまる方は施術ができませんのであらかじめご了承ください。

ピーリングの料金表

施術内容 部位 値段
ミラノピール ¥16,500(税込)
ミラノピールボディ 背中上下 ¥63,800(税込)
背中半面 ¥36,300(税込)
デコルテ・臀部・二の腕 ¥36,300(税込)
メイクアップピール・PQAge ¥17,600(税込)

※自由診療のため保険適用外です

【組み合わせ可能な治療】

下記の治療との組み合わせも可能です。

ピーリングに関するQ&A

Q.ピーリングは痛い?

個人差はありますが、施術時間が短いため違和感や痛みは感じにくい方が多いです。

施術後に軽いピリピリ感を感じる場合がありますが、5分程度で治まります。

施術では医師がお肌の状態に合わせてピーリング剤を使用するので、麻酔なしで耐えられる程度の痛みになります。

Q.施術頻度は?

施術頻度は、2~4週間に1度のペースを推奨しています。

6回程度の治療で効果が持続しやすくなります。

治療を継続することで、肌のサイクルや肌状態の改善に効果的です。

Q.市販のピーリングとの違いは?

市販のピーリングとクリニックで行うピーリングは薬剤の濃度が異なり、治療目的に違いが生じます。

施術場所 目的
市販 角質を溜めにくくする
クリニック 角質を除去する

ピーリングを「治療」として扱えるのはクリニックのみになります。

クリニックは薬剤の濃度が濃く、治療の目的に合わせて選ぶことが可能です。

Q.ピーリングするとニキビ悪化に繋がる?

ピーリングはニキビやニキビ跡を目立ちにくくしたい場合にも適した治療法です。

そのためピーリングがニキビ悪化に繋がる可能性は少ないです。

またミラノピーリングは表皮に溜まった角質を剥がし、ニキビ治療としても効果的です。

Q.ダウンタイムはある?

個人差はありますがダウンタイムを感じない場合が多く、メイクや洗顔は当日から可能です。

施術中はピリピリとした刺激を感じる場合がありますが、麻酔が必要ない程度の痛みになります。

また施術後に赤みが生じる場合がありますが、症状は1~2日で治まります。

施術後は肌が乾燥しやすいため、保湿ケアを重点的に行うことが大切です。

bottom_telbottom_reservation
side_reservationside_mail