利用規約

利用規約アイキャッチ

•この利用規約(以下「本利用規約」といいます)は、エミシアクリニック(以下、「当院」といいます)が運営する美容総合メディア「エミシアスタイル」(以下、「本サービス」といいます)をご利用になる全ての方(以下、「利用者」といいます)と当院との間の本サービスご利用における全ての権利義務関係について適用されます。
•本サービスの利用を希望する方が未成年者である場合は、本利用規約および本サービスの利用に関し親権者など法定代理人の同意が必要になります。法定代理人の同意がない場合は、本サービスを利用できません。
•当院は、本規約に付随するガイドその他のルール(以下総称して「ルール等」といいます)を別途定めることがあり、当該ルール等は、本規約の一部を構成するものとします。かかる場合であっても、本利用規約の定めはルール等に優先して適用されるものとします。

【本利用規約の適用】

当院は、利用者への事前通知・承諾なしに、必要に応じて本利用規約を随時変更することができるものとし、当院は利用者に対し、変更後の利用規約を本サービスのウェブサイト上に変更内容を掲載することで通知するものとします。

変更後の本利用規約は、当該掲載が成された時点で効力が生じるものとし、本利用規約発効後に利用者が本サービスを利用した場合、当該利用者が本利用規約の変更を承諾したものとみなすものとします。

【本サービスの変更・停止・終了】

•災害、労働争議、停電、本サービスの運営に係るシステムの故障、その他のやむを得ない事情、または当院の都合により本サービスで提供するサービスの全部又は一部を停止することがあります。
•当院は、本サービスの追加・変更・中断・廃止によって利用者に不利益または損害が発生したとしても、一切の責任を負わないものとします。
•当院は、利用者に対し、事前に本サービスのウェブサイト上で通知をすることにより、本サービスを終了することができるものとします。

【利用環境の整備】

•利用者は本サービスを利用するために必要な機器、ソフトウェア、通信手段等を自己の責任と費用において、適切に整備するものとします。
•利用者が利用環境の故障・中断・停止等の理由により不利益・損害が発生しても、当院は一切責任を負わないものとします。

【反社会的勢力の排除】

利用者は、暴力団、暴力団員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団等の反社的会勢力(以下「反社会的勢力」という。)に該当しないこと、及び反社会的勢力に関与していないことを表明し、かつ現在及び将来に渡っても次の各号のいずれかの一に該当しないことを確約するものとします。
1. 反社会的勢力が経営を支配していると認められる関係を有すること
2. 反社会的勢力が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
3. 自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に反社会的勢力を利用していると認められる関係を有すること
4. 反社会的勢力に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
5. 役員または経営に実質的に関与している者が反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有すること

【本サービスの強制停止】

•当院は、利用者が下記のいずれかに該当する場合、当院の判断によって当該利用者へのサービス提供を強制的に取り消すことができるものとします。また、強制的にサービス提供を取り消したことにより、当該利用者に不利益・損害が発生しても、当院は一切責任を負わないものとします。
1.本利用規約の禁止事項に該当する場合
2.当院の提供する情報を不正に使用した場合
3.本利用規約に違反した場合
4.その他、当院が不適切と判断した場合

【権利の帰属】

・本サービスを利用して投稿された情報(以下、「投稿情報」という)についての権利(知的財産権:著作権・意匠権・特許権・実用新案権・商標権・ノウハウが含まれるがこれに限定されない)は、当該投稿情報を創作した者に帰属するものとします。
・利用者が本サービスを利用した投稿情報について、利用者が著作権もしくは著作権の利用許諾権、または情報についてのその他の権利を有するものについては、利用者が本サービスに投稿することにより、当院に対して、日本の国内外において、無償で非独占的に使用、複製、編集、改編、掲載、転載、公衆送信、頒布、販売、提供、一弘渡、貸与、翻訳・翻案などができる権利及び二次的著作物の利用に関する原著作権者の権利(著作権法21条ないし28条の権利をいう。商用利用を含む)を許諾(当院が第三者に対しこれらの権利を再許諾することを含む)したものとみなします。また、利用者は、当院に対して著作者人格権を行使しないものとします。
・前項の規定は、利用者が本サービスの利用を停止あるいは退会した後も、なお有効に存続するものとします。

【掲載情報の無断使用禁止】

•利用者は、当院が承認した場合(該当情報に関して権利を持つ第三者がいる場合は、第三者の承認を含む)を除き、本サービスで提供するいかなる情報も、無断で複製、転載、販売、一弘渡、その他の方法においても、使用することはできません。また、第三者を利用して同様の行為をさせてはいけません。

【利用者の禁止事項】

•利用者は、本サービスを利用するにあたり、下記の事項を行ってはならないものとします。禁止事項に違反した場合、当院の判断により、本サービスの利用禁止等の処置を採ることがあります。なお、かかる処置により利用者に損害が生じたとしても当院は何ら賠償責任を負わないものとします。

1.当院、または他者の知的財産権(商標権、著作権、意匠権、特許権など)を侵害する行為
2.当院、または他者の財産、信用、名誉、プライバシーを侵害する行為
3.他者に不利益・不信感を与える場合
4.本サービスの運営目的と合致しない、若しくは当院が承認した方法以外での営利・商用目的での利用
5.本サイトの運営を妨げる、当院の信用を毀損する、または営業を妨害する行為
6.法令、これに準ずるガイドライン、準則等に反する行為
7.本利用規約に違反する行為
8.有害なプログラムを送信、または書き込む行為
10.その他、当院が不適切と判断する行為
•利用者がかかる禁止事項に違反したことに起因して第三者より当院に訴訟その他の異議申立がなされた場合、利用者は自己の責任で当院を防御し免責し、また当院に生じた全ての損害および費用(合理的範囲の弁護士費用を含む)を賠償する責任を負うものとします。また当院は当該第三者の異議申立に基づき利用者の投稿等を削除することができるものとします。

【免責事項】

•本サービスを使用することにより、利用者間、もしくは利用者と第三者との間に紛争が発生したとしても、当事者間の間で解決するものとし、当院は一切責任を負わないものとします。また、訴訟に発展した場合の弁護士費用、賠償金等についても同様とします。
•本サービスにおける提供情報や投稿情報の正確性、適時性、完全性、有用性、適法性について、当院は一切責任を負わないものとします。利用者は自らの判断に従って本サービスを利用してください。
•本サービスの利用中または本サービスの変更、中断、終了等により生じた不利益・損害について、当院は一切責任を負わないものとします。機器の故障、人災、天災等の理由により、サービス提供の中断・停止・提供情報の遅配等が発生した場合も同様とします。
•本サイト上に掲載されている広告・及び広告主との取引における損害、広告が掲載されたこと自体による損害について、当院は一切責任を負わないものとします。
•本サービスに掲載されているリンク先ウェブサイトからウイルス感染したことにより、コンピューター、ソフトウェア、回線等の損害、及び第三者への損害について、当院は一切責任を負わないものとします。
•当院は、利用者からの投稿情報を保存・監視する義務を負いません。
•当院は、利用者に発生した使用機会の逸失、本サービスの中断、期待した情報ないし利益が得られなかったこと、およびあらゆる種類の損害(間接損害、特別損害、付随損害、派生損害、逸失利益を含みますがこれらに限られません)に対して、いかなる責任も負わないものとします。但し、当院の故意または重過失に起因する場合はこの限りではありません。

【利用者情報】

•当院は、本サービス.に関する利用状況等の統計的なデータを作成し、第三者に開示、公表することがあります。
•当院は、上述の場合を含め、利用者の登録データ等の消失及び第三者による改ざんおよびこれらに起因して利用者あるいは第三者が被った損害に関し、いかなる責任をも負いません。

【個人情報の取り扱い】

•当院は、利用者の個人情報を当院の「プライバシーポリシー」 に基づき、適切に取り扱うものとします。なおプライバシーポリシーと本利用規約の定めが相違する場合、本利用規約の定めが優先して適用されます。

【準拠法】

•本利用規約は日本法に準拠して解釈されるものとします。

【損害賠償】

•利用者の本利用規約に反した行為又は違法な行為によって当院が損害を受けた場合、当院は当該利用者に対して損害賠償請求(合理的範囲の弁護士費用を含む)ができるものとします。

【協議事項】

•本利用規約に定めのない事項について、当院と利用者との間に疑義が生じた場合には、双方誠意をもって協議解決するものとします。

【管轄裁判所】

•本利用規約に関連して利用者と当院の間で発生した問題・紛争が協議によって解決できず、訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

附則
2020年12月1日 施行