痩身

GLP-1注射『サクセンダ』の効果と副作用は?現役医師が解説します。

サクセンダの効果について アイキャッチ

近年メディカルダイエットの一つとして『サクセンダ』や『GLP-1』の話題はニュースやツイッターで多く取り上げられています。

当院エミシアクリニックのGLP-1ダイエットでもサクセンダを取り扱い中です。
>>当院のGLP-1ダイエットの詳細はこちらから

無理せず簡単にダイエットできると聞けば、誰だって興味をそそられるもの。

特に韓国で主に流通されているの人気は凄まじく、品切れが続出するほどです。
その反面、韓国の非正規品の流通・処方ルールが守られていない現状は深刻な問題

本記事ではそんなサクセンダ注射に関して、医師の立場から総合的に解説します。

また、ビクトーザとの違いや副作用など、よく頂く疑問についても言及していますのでぜひ参考にしてください。

この記事を監修した医師

白澤 一弘先生

エミシアクリニック 院長

白澤 一弘

SHIRASAWA KAZUHIRO

 

そもそもサクセンダとは?

GLP-1で痩せる仕組みサクセンダは、次世代のダイエット法として注目を集めているGLP-1製剤の一つです。※GLP-1はインスリンの分泌を促すホルモンで別名「やせホルモン」とも呼ばれる
(参照:痩せホルモンのGLP-1とは?効果や仕組み・効率的な増やし方について徹底解説)

GLP-1製剤を入手するにはクリニックで処方してもらう必要があります。

GLP-1受容体作動薬の種類
  • リラグルチド
    サクセンダ・ビクトーザ)
  • リキシセナチド
  • デュラグルチド
  • エキセナチド
  • セマグルチド
  • アルビグルチド

※リラグルチドはサクセンダの一般名(成分名)です。

サクセンダを投与することで食欲をセーブし、カロリーの過剰摂取を抑えられます。
主にペン型の注射器を使い、毎日セルフ注射することで痩身効果を発揮。

無理な食事制限や過酷な運動をしなくても、自然に痩せやすい体へシフトしやすくなるのです。
(ただし適切な食事・運動療法との併用は必要で、注射だけで痩せるわけではありません。)

<サクセンダの販売について>

元々サクセンダは、デンマークの”ノボノルディスクファーマ社”が抗肥満症薬として発売しました。

副作用が少ないことから、アメリカをはじめ世界28か国で認可を受けています。

小児患者の用量やMTC・乳がん・心血管への影響については、現在も大規模な調査が進行中です。

サクセンダとビクトーザの違い

サクセンダとビクトーザは同じリラグルチドですが、サクセンダは肥満症・ビクトーザは糖尿病の治療用に発売されました。

治療目的 1回の投入量上限
サクセンダ 肥満症 3.0㎎
ビクトーザ 糖尿病 0.9㎎

またそれぞれに含まれるリラグルチドの量が違うため、1回に投入できる量も異なります。

ビクトーザは1度に0.9㎎を超えて打つことはできませんが、サクセンダなら3.0㎎まで可能です。

なお両者を併用することはできないため、ご注意ください。

サクセンダの痩身効果と配合成分を解説

GLP-1の効果が表れる期間サクセンダ注射の減量効果は多くの臨床実験で確認されており、約2週間程度で実感し始めることができます。※個人差があります。

投与によって具体的に得られる効果は以下。

  • 体重減少
  • 食欲を抑えられる(お腹が空かない)
  • 基礎代謝が上がる
  • 血糖値を下げる
  • リバウンドしにくい
  • 疲労軽減

無理なく食欲を落とせるため、本人のストレスや負担なくとも結果の出る治療法です。

サクセンダは無色透明の液剤であり、主な配合成分は以下。

添加剤 1㎖あたりの量
リラグルチド 6㎎
リン酸水素二ナトリウム二水和物 1.42㎎
プロピレングリコール 14㎎
フェノール 5.5㎎

前述した通り、サクセンダの主成分(有効成分)はリラグルチドになります。

糖尿病の予防にも効果的

サクセンダは糖尿病を予防する効果にも期待ができます。

そもそも糖尿病の発症要因は、主に肥満や暴飲暴食などライフスタイルの乱れ。
高血糖が続くため、多くの糖尿病患者は肥満傾向にあります。

糖尿病は、インスリンというホルモンの不足や作用低下が原因で、血糖値の上昇を抑える働き(耐糖能)が低下してしまうため、高血糖が慢性的に続く病気です。
(引用:厚生労働省)

ただし事前にサクセンダを投与すれば血糖値を正常にし、太りにくい体質へ導くことが可能です。
(心血管系疾患の予防効果も確認済。)

直接的ではありませんが、サクセンダの投与によって糖尿病になるリスクを抑えられます

サクセンダ注射のメリットを紹介

以下はサクセンダ注射をするうえで挙げられるメリットです。

  • 信頼性が高い
  • ストレスがない
  • 極細の針を使用

サクセンダは肥満治療薬として副作用を起こしにくく、信頼性が高いことから各国でスタンダードに使用されています。

耐性もできにくいため、依存症や不眠症状の心配もいりません。

また従来の抗肥満薬は心血管系の疾患にかかるリスクが問題視されていましたが、サクセンダはそのリスクを減少させることが確認されています。

注射の針は極細で長さも4㎜程と短いので、極力負担を減らすことも可能です。

サクセンダの使い方と注意事項

GLP-1の投与期間や量サクセンダの打ち方はクリニックで指導し、2回目以降は自分で投与して頂きます。

サクセンダ注射のやり方
  1. 注射針の取り付け
  2. 空打ち
  3. 投与量を設定
  4. 治療部位に注射
  5. 針を外す

※打つ場所は腹部・太もも・腕など打ちやすい場所で結構です。
※打つ時間は規則的な時間であれば、食事の時間等は関係ありません。
※飲酒(お酒)や入浴等は通常通りで大丈夫です。

使い方の詳細や具体的な使用方法はクリニックの指導法に従ってください。

一般的に投与量は0.6㎎と少量からスタートしてください。
1週間試して効果が薄い場合は、担当医と相談しながら1.2㎎・1.8㎎と増量しましょう。
(サクセンダ1本の内容量は18㎎のため、0.6㎎単位で打った場合は30日分となります。)

またサクセンダの継続期間は、最低半年~1年程度です。
毎日同じ時間に打つことで体内のGLP-1濃度を一定に維持でき、効果を発揮します。

<サクセンダを打ち忘れたら>

サクセンダの投与を忘れてしまったら、以下の表を参考に対処してください。

忘れた時間 対処法
12時間未経過 気が付いたら注射
12時間経過 いつもの時間に1回投与し再開
2~3日経過 もう一度0.6㎎から始める

ただし間隔が狭くなると副作用が現れる恐れがあるので、決まった時間に打つようにしましょう。

 

<サクセンダ注射の注意点>

サクセンダを処方するにはBMIの基準値をクリアしている必要があります。

万が一BMI値が18.5以下だと、健康状態への影響が未確認のため処方することができません。

BMI値の調べ方はこちら

BMIの数値を調べる際は以下の方法で計算しましょう。

「体重(㎏)÷身長(m)÷身長(m)」

例えば身長167センチ・体重50キロの方のBMI数値は「17.93」。
数値の基準を下回る場合は治療をお受けできません。

また摂食障害や肝機能障害、甲状腺疾患の方は禁忌です。
その他サクセンダ配合成分にアレルギーのある方も使用できません。

サクセンダの保管・保存方法

サクセンダは冷蔵庫で保管すると覚えておけば問題ありません。

保管場所 注意
開封前 冷蔵保管(2~8度) 遮光し冷却風を避ける
開封後 冷蔵保管または
室温保管(30度以下)
暗所

開封前のサクセンダは凍らないように、冷蔵庫内の冷却風を避けた場所を選んでください。

開封後は室温でも可能ですが、日光を避けるなど気を遣うので冷蔵庫での保管が向いています。

開封後の使用期限は1ヶ月間でそれ以降は効果や質が落ちるため、余っていても破棄するようにしましょう。
※開封前の期限は製品に記載されています。

サクセンダの使用で考えられる副作用

GLP-1の副作用例サクセンダの副作用は従来の薬品に比べて少ないですが、投与初期は体が慣れていないので症状が起こりやすいです。

主に起こり得るトラブルは以下をご覧ください。

<サクセンダの主な副作用>

  • 吐き気(気持ち悪い)
  • 嘔吐(吐く)
  • めまい
  • 食欲不振
  • 倦怠感(眠気)
  • 胃のむかつき・腹痛

サクセンダは消化器系に働きかけるため、初期は吐き気などの胃腸症状を引き起こします。

とはいえ数日~数週間で体が慣れてくるに従い、副作用は徐々に減っていくので安心して下さい。
※副作用を耐えかねる場合、投与の中止・減量で症状は回復します。

その他に考えられる深刻な副作用

以下のような症状が現れた場合は、速やかに医師の診察を受けましょう。

  • 低血糖(糖尿病患者)
  • 頻脈
  • 胃腸障害・腸閉塞
  • 甲状腺疾患(甲状腺がんなど)
  • 急性腎不全
  • 胆石症・胆嚢炎
  • アナフィラキシーショック
  • うつ

また万が一アレルギー体質で不安な方は、事前に医師へお申し付けください。

サクセンダの料金<通販での個人輸入は避けるべし>

GLP-1の費用と個人輸入のリスクサクセンダ注射の値段相場は、1ヶ月約10~15万円です。

(医療ローンやキャンペーン・クーポンを取り入れているクリニックもあります。)

初診料・血液検査料・注射針代・吐き気止めなど、追加費用がかかる場合もあります。

また現在日本ではクリニック以外での販売はおこなっておらず、個人で手に入れるには海外のオンライン通販で購入するしかないです。

ただし使い方の指導もなく投与量の管理も自己責任となるため、大きなリスクがあります。
もし重篤な副作用が起きたとしても、適切な対応をとることができません。

サクセンダを使用する場合は必ず医療機関で診察と処方、経過観察をしてもらいましょう。
(美容クリニックのほか、内科でも処方しているクリニックがあります。)

(参照:サクセンダを通販で購入するには?個人輸入するデメリットやクリニックでの治療を推奨する理由

※輸入代行サイトで安い薬価で購入できる場合もありますが、安全性が保障されておらず危険です。
【関連:厚生労働省「個人輸入において注意すべき医薬品等について」】

エミシアクリニックがおこなうサクセンダ注射

GLP-1のLP画像エミシアクリニックではサクセンダ治療として、「GLP-1注射」のメニューをご用意。

当院のGLP-1ダイエットは以下の金額で受け付けています。

コース 価格(税込み)
初診1本 ¥20,680
1本 ¥54,780
3本 ¥143,000
モニター1本 ¥20,680

当院では医療ローンを利用した月々の分割払いも可能。※当社指定の基準あり。
万が一合わなかった場合のために8日間のクーリング・オフ制度も設けております。
※クーリング・オフは国民生活センターの規定に基づいて対応いたします。

モニター制度もございますので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

エミシアクリニックでは時間がない・遠くて通院できない方に便利な、無料オンライン遠隔診療も対応。

さらに食事のアドバイスといった術後のアフターサポートで、総合的なダイエットのお手伝いをさせていただきます。

エミシアクリニックGLP-1ダイエットの
詳細はこちら

【特記事項】
※本施術は、痩身治療としては未承認の糖尿病治療薬(GLP-1 受容体作動薬)を使用した自由診療です。
※薬機法に基づき、医師による個人輸入にて導入・治療を行っております。
※同一の成分・性能を有する、他の国内承認医薬品等として、糖尿病治療薬(GLP-1 受容体作動薬)があります。
※GLP-1は、アメリカのFDA(食品医薬品局)や韓国の食品医薬品安全処、欧州連合加盟28ヶ国で肥満症の適応で承認を取得しています。
※ご参考:個人輸入に関する厚生労働省の案内

サクセンダに関するその他のQ&A

サクセンダについてよくある疑問をQ&Aとしてまとめました。

Q1.韓国でサクセンダを買うのって大丈夫?

韓国ではBMIとは無関係に処方する美容クリニックが多く見受けられます。

そのため韓国では肥満でもない若い女性が化粧品のような感覚でサクセンダを打っていますが、これは明らかな誤用です。

肥満者以外がサクセンダを使用した場合の臨床試験は行われておらず、健康への影響は分かっていません。

さらに韓国では品質の定かではない中古品が出回り、違法取引も行われています。

日本で処方してもらえないからといって、韓国で手に入れようとするのは非常に危ないのでやめましょう。

※飛行機への機内持ち込みは可能ですが、主治医の証明書を提示する必要があります。

Q2.サクセンダの治療は保険適応される?

サクセンダは日本では保険適用外となります。

保険薬として処方されているのは、糖尿病治療薬としてのGLP-1薬(ビクトーザ・トリルシテ)だけです。

サクセンダは未承認医薬品となり、肥満治療を目的に購入する場合は自費診療になることをご了承ください。

Q3.サクセンダをやめたらどうなる?

サクセンダをやめると、抑えていた食欲が徐々に戻っていきます。

体重も戻りやすくなるので、サクセンダを使用している間から太りにくい環境に整えておくことが必要です。

食事や運動の習慣を改善し、サクセンダ注射をやめてもリバウンドしないよう計画的に過ごしましょう。

Q4.妊娠中の服用やピルとの併用は可能?

妊娠中や授乳中のサクセンダの使用は控えてください

胎児や母乳への影響が確認されておらず、安全性が確保できません。

ただし低用量ピルの服用は問題ありません。

サクセンダは必ず医師の指導のもとで投与すること

サクセンダは肥満で悩む患者様にとって救世主のような存在。

ある程度の副作用は覚悟しなければなりませんが、自力では克服が難しい過度の食欲を自然に抑えることができます。

ただし安易な考えで個人輸入をしたり、自己判断で投与したりするのは危険です。

使用する際は必ず医師の処方と指導を受け、正しく行いましょう。

サクセンダによるGLP-1ダイエットをお考えの方は、一度無料でクリニックにご相談くださいね。
当院エミシアクリニックでは、オンライン診療の対応可能です。

エミシアクリニック公式HPでさらに詳しく解説しています
>>GLP-1ダイエットの効果や副作用についてはこちらをチェック<<

エミシアクリニックGLP-1ダイエットの
詳細はこちら

この記事を監修した医師

白澤 一弘先生

エミシアクリニック 院長

白澤 一弘

SHIRASAWA KAZUHIRO

RELATED POST
茨城で受けるGLP-1ダイエット 痩身

茨城のGLP-1ダイエットはどこでできる?近くにクリニックが無い方の受診方法も紹介

2020年12月1日
Emishia Style(エミシア スタイル) │ 渋谷エミシアクリニックが公式でお届けする美容総合メディア
ダイエット方法の一つとして近年、注目度を上げている「GLP-1ダイエット」。 自分の住んでいる地域でも行えるのか、気になる方もいるのではな …
サクセンダの通販輸入についてアイキャッチ 痩身

サクセンダを通販で購入するには?個人輸入するデメリットやクリニックでの治療を推奨する理由

2021年2月15日
Emishia Style(エミシア スタイル) │ 渋谷エミシアクリニックが公式でお届けする美容総合メディア
痩せる方法を調べている時に「サクセンダ」というワードをみたことがある方も、多いのではないでしょうか? サクセンダとはGLP-1製剤の一 …
痩身

GLP-1ダイエットを福岡で受けるには?場所を問わない便利な通院方法をご紹介

2021年3月22日
Emishia Style(エミシア スタイル) │ 渋谷エミシアクリニックが公式でお届けする美容総合メディア
GLP-1ダイエットは、注射薬の効果で減量と体質改善が期待できる痩身治療です。 福岡県内にはGLP-1ダイエットを行う病院が複数あり、 …