GLP-1

GLP-1経口薬リベルサスの効果と副作用は?ダイエットの特徴や飲み方を紹介!

リベルサス効果 アイキャッチ

GLP-1ダイエットに用いられる薬剤の一つが「リベルサス」です。
経口薬として知られる薬剤ですが、具体的にどのような効果があるのでしょうか。

今回はリベルサスの効果や特徴について、医師が詳しく解説します。
併せて服用時の副作用や、具体的な飲み方などもご紹介。

エミシアクリニックでは、自己注射タイプのGLP-1ダイエットを行っており、オンラインでの受診が可能です。※リベルサスはお取り扱いしておりません

体重が落ちずなかなか痩せないという方は、ぜひ参考にしてくださいね。

エミシアクリニックGLP-1ダイエットの 詳細はこちら

この記事を監修した医師

西澤 雄介

NISHIZAWA YUSUKE

1996年 国立弘前大学 医学部 卒業
1996年 医師医師免許取得
2000年 医学博士号取得
2007年 国立がん研究センター東病院勤務
2022年 EMISHIA CLINIC 院長就任

 

GLP-1経口薬のリベルサスとは?特徴を紹介

リベルサスの特徴リベルサスとは、GLP-1受容体作動薬の一種です。

「セマグルチド」という成分が含まれ、2020年6月29日に国内における医薬品の販売承認を取得しています。

自己注射でなく経口投与タイプのため、注射が苦手な方にも服用しやすいでしょう。

リベルサスは血糖値が高いときにインスリン分泌を促し、血糖値の上昇を抑える働きがあります。
その他の特徴は以下です。

  • 1日1回の内服
  • 食後は吸収効率が下がるため絶飲食が必要

リベルサスは1日1回、決まった時間に服用してください。

気を付けていただきたいのが、服用する際には30分以上の絶飲食が必要となります。
胃の中に飲食物がある場合、GLP-1の吸収率が下がるため注意しましょう。

絶飲食の時間が辛いという方には、自己注射タイプのGLP-1もあるので、自分に合った方法を取り入れることができますよ。

※参考:MSD製薬「リベルサス®錠を服用される方へ」
※参考:厚生労働省「新医薬品として承認された医薬品について」

自己注射タイプのGLP-1ダイエットについてはこちらで解説しています。

>>GLP-1ダイエット注射のやり方は?正しい使い方や種類を医師が解説

リベルサスのダイエット効果とは?

リベルサスのダイエット効果4つリベルサスの効果は以下の通りです。

  • 血糖値の上昇を抑える
  • 体重減少
  • 食事や間食量の減少
  • 食の嗜好がヘルシーになる

リベルサスは体重減少や間食量の減少などの効果が期待できます。
そのため糖尿病の治療薬としてだけでなく、ダイエット目的でも服用されています。

食欲を抑えられなかったり、お腹が空いてないのに食べてしまう方のダイエットのサポートに繋がるでしょう。

血糖値の上昇を抑える

血糖値の上昇を抑えて肥満予防にリベルサスは血糖値が高いときにインスリン分泌を促し、血糖値の上昇を抑えます※1
血糖値の上昇を抑えることで、中性脂肪をため込みにくくして肥満の予防に繋がるでしょう。※2

また血糖値が高い状態は糖尿病や血管病のリスクが高くなるため、日頃から過食を避けることが大切です。
脂質の高い食事を控え、食物繊維の多い食事を意識しましょう。

※1参考: 日経メディカル処方薬事典「リベルサス錠3mgの基本情報」
※2参考:厚生労働省「インスリン」

体重減少

リベルサスには体重減少の効果があることが報告されています。

2型糖尿病の患者では、経口セマグルチド単剤療法は、他のGLP-1受容体アゴニストと一致する安全性プロファイルで、プラセボと比較してHbA 1c(すべての用量)および体重減少(14 mg用量)において優れた臨床的に関連する改善を示しました。

引用(日本語訳):Vanita R Aroda「PIONEER 1: Randomized Clinical Trial of the Efficacy and Safety of Oral Semaglutide Monotherapy in Comparison With Placebo in Patients With Type 2 Diabetes」

2016年に行った糖尿病患者を対象にした研究では、リベルサスによる体重減少が確認されました。

この研究ではリベルサスを投与したグループと、何も成分が入っていない偽薬を飲んだグループで調査。
26週間投与した結果、体重減少量の詳細は以下になりました。

リベルサス錠体重
3mg-0.2kg
7mg-1.0kg
14mg-2.6kg

引用:Vanita R Aroda「PIONEER 1: Randomized Clinical Trial of the Efficacy and Safety of Oral Semaglutide Monotherapy in Comparison With Placebo in Patients With Type 2 Diabetes」

ただし依存性が出ないようにするためにも、リベルサスを継続的に服用する場合は、3mgから開始して7mgを維持することが大切です。

食事や間食量の減少

リベルサスは食事や間食量の減少にも期待できます。

糖尿病患者15名を対象とした研究では、リベルサス投与後に1日の摂取エネルギーが減少したことがわかりました。

12週間の治療後、経口セマグルチドの方がプラセボよりも自由なエネルギー摂取量が少なく、体脂肪量が減少し、脂肪が豊富な朝食後の満腹感と満腹感の増加、および食事管理の改善に関連していました。

引用(日本語訳):Catherine Gibbons「Effects of oral semaglutide on energy intake, food preference, appetite, control of eating and body weight in subjects with type 2 diabetes」

このことから、リベルサスの服用により少ない食事でも満足できるといえるでしょう。

食の嗜好がヘルシーになる

リベルサスは食の嗜好がヘルシーになり、甘さや脂肪量の多いものの摂取が減ったというデータもあります。※

実際食の嗜好について調べた研究では、リベルサス服用することで1日に食べるおやつのカロリーが減少しました。

特に高脂質で甘いものを食べる量が、服用していない人よりも減少したと報告されています。
このことからハイカロリーなものが好きな方は、食の嗜好が変わる可能性も考えられるでしょう。

※引用:Catherine Gibbons「Effects of oral semaglutide on energy intake, food preference, appetite, control of eating and body weight in subjects with type 2 diabetes」

リベルサスにはどんな副作用がある?

リベルサスの副作用は?リベルサスは以下の副作用が出る可能性があります。

  • 悪心
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 腹痛
  • 食欲減退

※引用: 日経メディカル処方薬事典「リベルサス錠3mgの基本情報」

腹痛や食欲減退などのリスクもあるため、服用時には少ない量から服用
ほかにも重篤な副作用として、低血糖症状が挙げられます。

異常を感じたら我慢せず、すぐに医師に相談するようにしましょう。

リベルサスの飲み方は?

服用時のポイントと注意点リベルサスの飲み方は以下。

  1. コップ約半分の水と服用
  2. 服用後の飲食は30分~2時間程度控える
  3. 最初は1日3mg、4週間後から7mgに増量可能

コーヒーやお茶、服薬ゼリーなどは利用せずお水で飲みましょう

服用時には薬剤を割ったり噛んだりしないように注意してください。
また服用した後の飲食も30分以上控えることが大切です。

最初は3mgからの服用で、4週間ほど継続してから7mgまで増量することが可能です。

もし飲み忘れた場合、その日は服用せず翌日から再開しましょう。

※参考: 日経メディカル処方薬事典「リベルサス錠3mgの基本情報」

リベルサスは個人輸入に注意

リベルサスの個人輸入は、粗悪品や偽薬である可能性もあるため注意が必要です。

もし個人輸入した医薬品で副作用が出た場合、医師でも対応が困難になることもあります。

GLP-1ダイエットを始めようと思っている方は、安全面に考慮して医療機関で購入しましょう。

GLP-1の個人輸入のデメリットについては以下で詳しく解説しています。

>>サクセンダ(GLP-1)を通販で購入するには?個人輸入のデメリットやクリニックでの治療を推奨する理由

エミシアクリニックでは自己注射のサクセンダを利用

エミシアクリニックでは、自己注射のGLP-1受動態作用「サクセンダ」を利用しています。

投与前後で食事を断つ必要がなく、決まった時間に注射を行うタイプのGLP-1です。
具体的な特徴は以下。

  • アメリカFDAで認可されたサクセンダを利用
  • オンライン診療で自宅からの受診可能
  • 医師やスタッフへ相談も可能
  • 医療ローンで分割払いに対応※当社指定の基準あり

エミシアクリニックでは、アメリカの食品医療薬品局(FDA)で認可された信頼性の高い薬剤を利用しています。

またオンライン診療での受診も可能なので、忙しい人でも利用しやすいでしょう。

自宅から受診したい、または忙しくて通院する時間がない方は、ぜひエミシアクリニックにご相談ください。

GLP-1ダイエット料金表

GLP-1ダイエットの全コース料金は以下。

コース価格(税込)
初診1本¥19,800
1本¥54,780

※自由診療のため保険適用外です。
※別途診察料、針代がかかります。

GLP-1ダイエットの治療期間は約3ヶ月〜1年程度で個人差があります。

副作用として吐き気や胃のむかつきなどの症状が初期に出ることもあるため、エミシアクリニックは少量から投与しています。

保険適用外のため、医療ローンを利用した分割払いも可能です。※当社指定の基準あり

国民生活センターの規定に従い、クーリング・オフにも対応しております。

【特記事項】
※本施術は、痩身治療としては未承認の糖尿病治療薬(GLP-1 受容体作動薬)を使用した自由診療です。
※薬機法に基づき、医師による個人輸入にて導入・治療を行っております。
※同一の成分・性能を有する、他の国内承認医薬品等として、糖尿病治療薬(GLP-1 受容体作動薬)があります。 ※GLP-1は、アメリカのFDA(食品医薬品局)や韓国の食品医薬品安全処、欧州連合加盟28ヶ国で肥満症の適応で承認を取得しています。
※ご参考:個人輸入に関する厚生労働省の案内

エミシアクリニックGLP-1ダイエットの 詳細はこちら

リベルサスについてQ&A

リベルサスは保険適用になる?

リベルサスは治療用途によって保険適用の有無が変わります。

ダイエット目的の場合、リベルサスは保険適用外です。

ただし2型糖尿病の治療を目的とした処方であれば、保険適用になるでしょう。
保険適用かどうか気になる方は、医師に相談してみましょう。

リベルサスは効果がない?痩せないと言う口コミは本当?

リベルサスで効果が現れず痩せない場合は、正しく服用できていない可能性があります。

服用前後の絶飲食を徹底して、成分を吸収しやすい状態にしておくことが大切です。

添付書類には30分程度との記載がありますが、余裕がある方は2時間ほどの時間を取ってみましょう。

※参考:処方薬事典「リベルサス錠3mgの基本情報」

リベルサスの長期投与は可能?

リベルサスは2021年12月1日から長期投与が可能になりました。※

前提として、発売されたばかりの新薬は1年間、14日分までしか処方ができない「投薬期間制限」が設けられます。

リベルサスは投薬制限が解除されたため、今後長期処方が可能です。

※参考:MSD株式会社「リベルサス錠添付文書」

リベルサスは経口タイプのGLP-1。絶飲食が苦手なら自己注射タイプも

リベルサスは経口タイプのGLP-1で、効果を発揮させるためには絶飲食が必須となります。

食べられない時間が辛いなら、自己注射タイプのGLP-1を利用するのも一つ。

エミシアクリニックでは自己注射のサクセンダを処方しています。
オンラインでの診療も可能ですので、お気軽にご相談ください。

この記事を監修した医師

西澤 雄介

NISHIZAWA YUSUKE

1996年 国立弘前大学 医学部 卒業
1996年 医師医師免許取得
2000年 医学博士号取得
2007年 国立がん研究センター東病院勤務
2022年 EMISHIA CLINIC 院長就任

※本記事は公開時点の情報であり、最新の情報とは異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

RELATED POST
サノレックスアイキャッチ GLP-1

サノレックスの効果と副作用は?飲み方についてもお話します

2022年12月2日
Emishia Style(エミシア スタイル) │ 渋谷エミシアクリニックが公式でお届けする美容総合メディア
“瘦せ薬”として注目を集めている「サノレックス」。 SNSやメディアでも話題になっているので、名前だけ知っている方も多いのではないでしょう …
GLP-1注射について解説 アイキャッチ GLP-1

GLP-1ダイエット注射のやり方は?正しい使い方や種類を医師が解説

2022年12月2日
Emishia Style(エミシア スタイル) │ 渋谷エミシアクリニックが公式でお届けする美容総合メディア
昨今、痩身治療の一つとして認知度の上がってきたGLP-1ダイエット。 「ダイエット注射」という言い方もあり、GLP-1ダイエットを行う …
GLP-1サプリ アイキャッチ GLP-1

GLP-1サプリで痩せることは可能?ダイエット効果の有無を医師が本音で言及

2022年12月2日
Emishia Style(エミシア スタイル) │ 渋谷エミシアクリニックが公式でお届けする美容総合メディア
GLP-1ダイエットは本来、クリニックから処方される治療薬で食事量を減らす方法です。 しかし最近ではGLP-1の作用があるといった『ダ …