婦人科

避妊は何歳まで必要?40代・50代でも妊娠する?医師が詳しく解説します

避妊何歳までアイキャッチ

避妊は何歳まで必要?といった質問をよく耳にします。
もうすぐ更年期だから避妊しなくても大丈夫」と考えている方もいますが、そういうわけではありません。

この記事では避妊の必要性や、40~50代に適した避妊方法を医師の目線でお話します。

さらに避妊に失敗してしまった時の緊急避妊法も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

この記事を監修した医師

白澤 一弘先生

エミシアクリニック 院長

白澤 一弘

SHIRASAWA KAZUHIRO

 

年齢問わず閉経していなければ避妊が必要

閉経していなければ避妊が必要閉経していないかぎり、絶対に妊娠しないとは断言できませんので避妊は必要です。

確かに女性の妊娠のしやすさは、年齢と共に低下すると言われています。

女性の繁殖力は徐々に減少しますが、およそ32歳で始まり、37歳以降はより急速に減少します。

引用(日本語訳):Fertil Steril . 2014 Mar;101(3):633-4.「Female age-related fertility decline. Committee Opinion No. 589

しかし妊娠しにくいといっても、可能性はゼロではありません。

厚生労働省の報告によると、40~50代の人工中絶数は15,909件。(2018年度)
さらに45~49歳の中絶選択率は48%(2017年度)と、望まない妊娠を経験している方が多いのです。

妊娠する可能性がある以上、40代・50代でも必ず避妊してください。

また閉経は生理が1年間こなくなった時点で確定となります。
最後の生理だと思っても、1年間は避妊しましょう。

最終的には月経と排卵が永久に停止し、以降は自然な妊娠はできなくなります。少なくとも1年間月経が起こらなかった後で初めて、最後の月経であったことが確定できます。(妊娠を望まない場合は最終月経の後も1年間は避妊を行うべきです。)

引用:MSD「MSDマニュアル家庭版 閉経

※引用:厚生労働省「平成30年度 衛生行政報告例の概況
日本産婦人科学会 常務理事 安達知子「性教育の現状と問題点

40代・50代に適した避妊方法3つ

避妊方法の紹介40代・50代の方は以下の避妊方法を検討してみてください。

  • 低用量ピル(OC)
  • IUS/IUD
  • 避妊手術

更年期に伴う身体の変化によって、向いていない方法もあります。
ご自身の体質や生活習慣に合った避妊法を選択してください。

また避妊法を組み合わせることで、より失敗を防ぐことができます。
性感染症を防ぐ目的も兼ねて、コンドームを併用すると良いでしょう。

低用量ピル(OC)

低用量ピル(OC)は、ホルモン剤を服用することで排卵を抑制する避妊法。
原則として閉経まで使用できると言われています。

ただし年齢や体質によっては慎重投与になることも。
いずれにしろ低用量ピル(OC)を服用するときは、病院で診察を受けましょう。

低用量ピル(OC)は何歳まで飲んでいい?

低用量ピルの服用注意(修正)基本的には閉経まで服用可能ですが、服用できない・慎重投与になる方もいます。

慎重投与の方
  • 40歳以上で閉経していない方
服用できない方
  • 35歳以上の喫煙者
  • 閉経した方

40歳以下で慎重投与に該当していた方も、場合によっては投与不可となります。

投与不可の例
  • 肥満(BMI30以上)の方
  • 妊娠高血圧の既往歴のある方
  • 高脂血症の方
  • 血管性病変のない糖尿病の方

※引用:日本産婦人科学会「低用量経口避妊薬、低用量エストロゲン・プロゲストーゲン配合剤ガイドライン(案)

また50歳以上は閉経に限らず服用しないことが望ましいとされています。
体質によって服用できないこともあるので、まずは医師に相談してください。

IUS/IUD(避妊リング)

IUS/IUDはどちらも子宮内に装着する子宮内避妊器具で、女性が主体となっておこなえる避妊法です。
病院で装着する必要がありますが、その後は3~5年ほど避妊効果が続きます。

デメリットとして、避妊具の脱落によって失敗する可能性が。
また子宮内に装着するため、出産経験のない方は医師の相談が必要です。

使用制限はありませんが、出産経験のある女性に向いている避妊法と言えるでしょう。

※引用:MSD「MSDマニュアル家庭版 子宮内避妊器具(IUD)

避妊手術

女性の場合は卵管を糸で縛るか切断して受精を妨ぐ避妊法です。

避妊失敗率は0.5%程度と、一度の手術で高い避妊効果が期待できます。
毎回避妊する必要がないので、飲み忘れや破れるといった失敗がありません。

ただし入院を伴う手術が必要となり、術後は妊娠機能の回復が難しいでしょう。
今後妊娠を望まない方に向いている避妊法といえます。

※引用:MSD「避妊情報サイト あなたが選ぶ避妊スタイル

避妊に失敗したときの緊急避妊方法2つ

緊急避妊法(修正)もし避妊に失敗してしまった場合の緊急避妊法は以下。

  • アフターピル(緊急避妊薬)
  • 銅付加IUD(子宮内避妊具)

アフターピルは避妊に失敗した72時間(薬剤によっては120時間)以内に服用する緊急避妊薬です。
排卵の抑制・着床の阻害効果によって妊娠を防ぎます。

銅付加IUDは避妊に失敗した120時間以内に膣内に装着する子宮内避妊具。
避妊でも挙げましたが、緊急避妊法としても使用されています。
主に精子の運動能力を減退させて、受精を防ぐ効果が期待できるでしょう。

どちらも避妊失敗から120時間以内におこなう必要があるため、速やかに行動してください。

※参考:日本産婦人科学会「緊急避妊法の適正使用に関する指針(平成 28 年度改訂版)

エミシアクリニックのアフターピル

アフターピルLP

エミシアクリニックのアフターピルは以下の取り組みをしています。

  • オンライン診療に対応
  • LINEで24時間受付
  • 最短1時間で発送
  • 72時間・120時間用アフターピルをご用意
  • クレジットカード・代引き決済可能

※お申し込み後のキャンセルも可能です。
但しカード決済後やカード・代引き決済にて発送が完了した場合は、キャンセルできかねますのでご了承ください。

オンライン診療なら、仕事や家事で病院に行けない方でも受診可能です。
さらにLINEで24時間受け付けしているので、深夜や早朝でも対応いたします。

最短1時間で発送、アフターピルと明記せずに梱包するため家族にバレる心配もありません。

アフターピルの料金表

エミシアクリニックでは避妊失敗から72時間・120時間以内に服用するアフターピルをご用意しています。

72時間用アフターピル9,350円(税込)
120時間用アフターピル15,950円(税込)

※自由診療のため保険適用外です。

経過時間に合わせて決めていきましょう。

【配送料】
超特急便:関東に限りバイク便でお届け可能です。(別途バイク料11,000円~)
通常発送:最短翌日のお届けとなります。(別途、診察料825円+送料825円)
※金額はすべて税込み表記です。

少しでも不安に感じたらぜひご相談ください。

エミシアクリニックアフターピルの詳細はこちら

【特記事項】
・本施術は、未承認医薬品を使用した自由診療です。(マドンナ(Madonna))
・薬機法に基づき、医師による個人輸入にて導入・治療を行っております。
(ご参考:個人輸入に関する厚生労働省の案内
・同一の成分・性能を有する国内承認医薬品等で、「ノルレボ」が承認されています。
・重大なリスク・副作用などが明らかになっていない可能性があります。

妊娠する可能性があるかぎり、必ず避妊しましょう

40代、50代でも閉経していなければ、妊娠する可能性があります。
妊娠を望んでいない方は必ず避妊してください。

もし避妊に失敗した時は、速やかに対処することが大切です。

エミシアクリニックではアフターピルの処方をおこなっています。
心配なことがあれば、お気軽にご相談ください。

この記事を監修した医師

白澤 一弘先生

エミシアクリニック 院長

白澤 一弘

SHIRASAWA KAZUHIRO

カテゴリー一覧

RELATED POST
エラワン アイキャッチ 婦人科

アフターピル「エラワン」の効果と副作用は?ノルレボとの違いや生理の影響もお話します

2021年5月25日
Emishia Style(エミシア スタイル) │ 渋谷エミシアクリニックが公式でお届けする美容総合メディア
海外で流通しているアフターピル「エラワン」をご存じでしょうか。 国内未承認ですが、自由診療で処方されることもあります。 この記事では …
避妊方法アイキャッチ 婦人科

確実な避妊の方法はある?種類や失敗の割合を紹介します

2021年4月27日
Emishia Style(エミシア スタイル) │ 渋谷エミシアクリニックが公式でお届けする美容総合メディア
「男女の生活と意識に関する調査」によると、日本では85.5%がコンドームの避妊を選択しているようです。 ※引用:一般社団法人日本家族計画協 …
アフターピル 飲み方アイキャッチ 婦人科

アフターピルの飲み方を解説。飲み間違えたときの対策や低用量ピルへの切り替え方法も紹介

2021年4月1日
Emishia Style(エミシア スタイル) │ 渋谷エミシアクリニックが公式でお届けする美容総合メディア
アフターピルの服用について「低用量ピルと同じ飲み方でいいの?」「何錠服用すればいいのかわからない」と混乱する方もいらっしゃるでしょう。  …